脂肪吸引の最新情報安全で希望の体形になるために。

ダイエットで失敗を繰り返してしまう人に朗報。脂肪吸引は脂肪細胞の数を減らすことができるからリバウンドしにくい身体になります。

豊胸の術法の違いと利点

美容整形外科での豊胸手術については、施術法のタイプから主に2つの系統に分ける事が出来ます。 1つは薬剤を注射で胸部に注入する方法で、カップサイズを大きく変えるのは困難なものの負担が少ない、ダウンタイムが短い、効果が長期間持続しない方式もあるので試し易い等の利点があります。

左右一方の施術も行い易い為、バランスを整える目的のニーズにも応える事が出来ます。 もう1つは、切開によって胸の筋肉の部分に医療用のバッグを挿入して大きさを支える方法となります。サイズの大きな変更が可能になる、効果の持続性が高い、もともと大きな胸にもハリを出す目的で使用出来るといった利点があります。

豊胸手術で起こりえる後遺症

豊胸手術を受ける前に心配になるのが失敗した時のことでしょう。 豊胸は女性の悩みを解消するものですが、やはり手術となりますので後遺症が起こるリスクは知っておかなければいけません。

では、豊胸をすることによってどのような後遺症が起こりえるのかというと、手術内容によって若干の違いはありますが、胸のしこりや石灰化といった現象がメジャーです。またそれ以外にも、バストの変形や凹凸なども起こりえます。

しかし、こうした豊胸手術の失敗リスクは、経験豊富な医師による施術を受けることで軽減することができますので、豊胸をしようと考えた際には、まず慎重にクリニック選びをするようにしましょう。

美容整形のリスク~豊胸による石灰化~

美容整形は容姿のコンプレックスを解消できる手段として、最も効果が高いと言えるでしょう。 ただ、手術や治療を必要とする事もあり、後遺症が起こる確率はゼロではありません。 例えば、豊胸手術の場合は「石灰化」という後遺症が起こるケースがあるので、注意が必要です。

この症状は脂肪注入法やヒアルロン酸注入法といった、注入剤をバストに注入しバストのサイズをアップする美容整形で起こります。 注入剤を入れた部分が、硬くしこりのようになってしまうのが特徴です。 豊胸手術を得意とする医師の施術を受ける事が、この後遺症のリスクを下げる為に必要です。

脂肪注入後の豊胸美容整形後の定着率について

脂肪注入豊胸手術は、自分のお尻や太股の脂肪を使って、バストアップをはかる美容整形手術です。 豊胸バッグを挿入する豊胸術に比べると、大幅なサイズアップははかれませんが、自分の脂肪を挿入するため、拒否反応もなく自然で柔らかいバストになるという特徴があります。

1回の脂肪注入でどれだけバストが大きくなるかは、脂肪定着率の善し悪しがあります。 定着率をあげるためには、吸引した脂肪から血液や老化細胞などの不純物を取り除いて、濃縮した脂肪をバストに注入することが効果的です。 不純物を取り除くことで、しこりや石灰化を防ぎ、合併症のリスクも最小限に抑えることができます。

豊胸手術も美容外科がプチ整形

豊胸手術というと「手術」だし、顔だけでなく体全体に関わってくることですので、美容外科での大がかりな手術が必要というイメージがありませんか?実は豊胸手術にも「プチ整形」があり、そこまでお金をかけなくても自分の理想に近づくことができるのです。

一体どのような施術方法なのかというと、体にメスを入れるのではなく、注射でヒアルロン酸を注入することで形を大きくする方法です。最近ではヒアルロン酸の研究もどんどん進んでおり、従来のものよりも長続き、かつ質がいいものが出てきていますので、「プチ」であっても納得できる仕上がりになる事は間違いありません。

vaserで脂肪を注入する豊胸手術

女性にとって胸の大きさというのは大事なことで、大きければよいというものではないですが平均的なサイズにはなってほしいと思っている方は少なくないでしょう。そのような方に利用してほしいのがvaserを用いた豊胸手術です。

どういった施術をするのかというと、太ももやふくらはぎなど脂肪が余分につきやすい場所から脂肪を吸引して、その脂肪を胸に注入して大きさせるという手術です。同じ人体から採った脂肪なので定着率が高く、肌を引き締める効果があるのでたるみもあまり発生せず、さらに太ももなど気になる部分の脂肪を吸引できるので一石二鳥な面が人気と繋がっています。

豊胸手術関連記事